お金を借りるときの準備と対策のポイント

私が初めて借金をした時の話(男性40代)

世間的にはお金を借りるというのはよろしくないものなのですが、私はお金の管理が苦手なところもあり、お給料前などには少しお金を借りてはお給料からすぐに返済するというようなことを繰り返していたことがありました。そんな私の初めての借金はまとまったお金を借りたもので、30万円ほどを一気に借りました。当時はあまり貯金もなかったため、移動手段として必要だった原付を購入するついでに生活費や旅行費用などちょっとしたものも含めてまとめて借りてしまえという考えがあり、その金額の借金になりました。

 

返済額は毎月5000円ほどだったのですが、想像以上に長い期間返済が終わらないので調べてみると毎月支払っていた返済額の半分近くは金利として取られており、想像していたよりも2倍近いお金がかかっていました。かなりショックだったのですが、債務整理をするほどでもなく、ちびちびと返済を進めていき何年もかけてやっと完済することができました。相当お金に苦労した気がしますが、実際には返済を滞らせることもなく、それ以上の借金もその時はしないでいたため信用情報に変な傷がつくこともありませんでした。

 

今では、使い方も改めて安全に借金を活用できるようにしています。本当は借りないのが一番ですが、なかなか給料も上がらないご時世で、多少の金銭管理として頼るのは良いかもしれません。家族もいないので気楽なものですが、身を固めようと思ったらこうした生活は避けたほうがよさそうですね。初めての借金はみな苦労するものだと思いますが、できるだけ負担が大きくならないように少額の借入から試していくとよいでしょう

 

お金を借りるときの返済計画

返済方法と返済期間に注意

お金の借り入れで一番大切にしないといけないのは返済方法とその期間です。リボルビング方式や元利均等返済方式といった金利の計算の仕方がいくつかあるので、借りる前にチェックしましょう。どちらも金利がかかることに変わりはないですが、若干金利のかかり方、金額に差が出てきます。

 

また、返済のモチベーションにも影響するため、忘れずに調べて理解しましょう。金利は返済期間が長ければその分大きくなってしまいます。支払う金額が多くなると非常に負担が増えるので少しでも負担を減らせるようにしましょう。時には地道に返済を進めていくのも生活を守る意味では大切になります。単純に金利を減らそうとしてリスクを抱えるよりも長期的なプランで返済を進めていくようにしましょう。

 

早めの返済を重視しよう

借り入れをする前に返済を少しでも早くできるように工夫する必要があります。毎月の返済金額や返済期間は契約前にしか決められない場合が多いので、自分に損になるような設定にはしないようにしておきましょう。十分すごるほどの準備をしておかないと借金でかなり苦しい思いをしてしまうので、甘く見ずに対策をしましょう。

 

金利の計算やいくらまでなら毎月返済できるか、どの程度は負担しても生活に影響がないかなどもチェックして少しでも早く借金から開放されるようにしておきましょう。返済期間が長いと後半かなり精神的にも金銭的にも厳しくなってくるので、お金を借りる時に甘く考えないようにしましょう。

 

消費者金融と銀行の借入

消費者金融と銀行は基本的には別物で、特に法律によって差がつきます。銀行では借り入れできる金額は大きい分、金利は低くなっていることが多いです。消費者金融は銀行ほど高額な借り入れはできないですが、審査が甘く既に借り入れがある方や収入が少ない方でも利用できる可能性が高いです。

 

双方にメリット・デメリットがあるのでどんな目的でお金を借りるのかをよく理解してから借金を頼りましょう。消費者金融のキャッシングやカードローンはテレビCMで宣伝されることも多く、知名度も高いですが、あまりイメージが良くないので他人に相談しにくいのが難点です。銀行のサービスでも借金はあまり良いものではないのですが、銀行から借り入れができるのは信用がある証でもあるのでそこまで恥じることもありません。双方の区別をしっかり確かめておくと良いでしょう。